FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩返しでできるダイエット

恩返しと生きる

最近本屋さんでとある本に出会いました。

言いたいことが言えない人
「恥ずかしがり屋」の深層心理
加藤 諦三 PHP新書




これを見た時、「あっ、私だ」と思ったのです。
読んでいてほんとに心当たりがあることばかりでした。

人といると疲れる。
人に嫌われるのが怖い。
みんなから好かれたい。
自分に自信がない。
断られる=嫌われていると思う。
注意される=嫌われていると思う。
言わないけど心の中は不満でいっぱい。
でもガマンしてストレスいっぱい。
弱い人には強気になる。
人から評価されるのが怖い。
失敗するのが怖い。 
自分がどう思われているか気になる。
でも相手には興味が無い。
自分は愛されるに値しないと思いつつ、だれよりも愛されたいと思う。
自分なんか素晴らしい人に相手にされないと思いながら、心のどこかで自分を愛さないなんてバカだと思っている。
  
これが、言いたいことが言えない恥ずかしがり屋の人の特徴。
恥ずかしながら全部当てはまってますガクリ



本では色んな具体例を挙げながら、「なぜそうなったのか」という原因について説明しています。
言ってしまえばそれは幼少期の環境。
フロイト的な考え方で、流行りのアドラー心理学とはちょっと違います。
あっちは「過去なんて関係ない。今どうするかが大事」という立場ですもんね。
どっちかが正しくてどっちかが間違い、というわけではないと思うけど…
私は今の自分に向き合うことが前に進むために大事だと思うし、過去を無視して前だけ見よう!というのは、逃げのような気がするんです。


「この靴、汚い」と母親が言う。 
「この靴、キレイ」と他人が言う。
すると母親の言うことを信じる。(P197)


これに「私も」って思う人はどれくらいいるかな?
私は今でも親がなんて言うかを気にします。
今でも親に怒られたくないと思ってしまいます。
そういう時は「あーあ、私ってだめだなぁ」と、とても情けない気持ちになります。
 

そして私は失敗するのが大嫌い。
笑われたくない。
失敗するくらいならやりたくない。
それは自分のプライドが高いからだと思っていました。
親にも「無駄にプライドが高い」と言われて、そうなんだと思っていました。
けど「失敗するのが嫌い」=「失敗するのが怖い」なんだとしたら。



恥ずかしがり屋の人は、認めてもらいたい人に認めてもらえないという体験を積み重ねてしまっている。その結果、自分はダメな人間だと心の底で感じてしまっている。
でも、他人は別の評価をしていたということに気づいていない。

大人になって失敗に対して恐怖を持つのは、小さい頃に失敗を笑われバカにされた経験を積み重ねているから。失敗しても、もう周囲の人は笑わない。それでも何かに取り組もうとすると、心理的にすくんでしまう。


大人になって環境が違い、もう失敗してもバカにされないのにバカにされると思ってしまうのは、相手とコミュニケーションできていないから。現実の相手を見ていないから。相手に関心がないから、わからないから、怖い。


そう、もう大人になった。
子どもの頃は家庭が世界の全てだけど今は違う。
もっともっとたくさんの人と出会い、たくさんの価値観に出会っている。
親がダメだと言っても、ほかの人は良いと言ってくれることがある。
そのことに気づいていない。
気づいていても、信じることが出来ていない。
だからいつまでも同じ悩みを抱えて苦しんでいる。



私は去年、サッカー観戦という趣味を持ったことで、ぐんと人間関係が広がりました。
最初はちょっと勇気が必要だった。 
けど、一歩踏み出したから今がある。
そしてもう一歩進むために必要なこと。


誰からも好かれよう、嫌いな人からも好かれようとするのはやめて、だれに好かれたいのかを絞る。

私は確かにだめなところがある。それでも私には価値があると信じる。

自分を好いてくれる人がいることを信じる。そしてその人のことを信じる。


実は。
「誰からも好かれようとしなくて良い」「思っていることは口に出せば良い」と言ってくれる人は、いました。
本を読まなくても教えてくれる人がいました。
けどその話をしてもらった時、私は「あなたの話をちゃんと聞いています」とアピールするのに必死だった。
「話聞いてるのか?」と思われたらどうしようって、怖かったから。  
その人に嫌われないように、見捨てられないように、と心のどこかで怯えながら、緊張しながら聞いていたから。
だから内容はあまり頭に入って来なかった。
でも、その人は何のために、何を思って、私にその話をしてくれたんだろう?

「私のために話してくれている」ということ。
「私のために時間を割いてくれている」ということ。
「私に好意を持ってくれている」ということ。

もっとちゃんと受け止めて、信じて、感謝しなきゃいけないなと思いました。

私はたぶん疑っていたんです。
優しさかただの気まぐれで、信じたら後で痛い目を見るよ、って。
どうせ後で笑うんでしょ?って。
けどそれは相手の目をきちんと見てないから。
相手の言葉を素直に受け止めないから。
先入観で判断してる。
何の得もない。
また殻に閉じこもって、行き場をなくして苦しむだけ。
だから勇気を出して信じることにしたい。



私は私のために何かしてくれる人のために、変わりたい。
私は私のために何かしてくれる人のために、恩返ししたい。
私は私のために何かしてくれる人のために、幸せでいたい。

その一歩は、自分と他人を信じることから。

ワーキングプアが選ぶ超イカした恩返し10選


お家の中の断捨離もしなければ……

それは出来ないので。



たくさん持ってしまっている気持ちを断捨離することにしました。


病気が悪化してしまってから

どこかで
ずっと
申し訳ない…

そんな気持ちを持ち続けていました。



ごめんなさいって

思い続けてしまっていました。


そんな気持ちを断捨離して


ありがとうって

気持ちを大切にして

もっと笑顔を。



愛してくれてありがとう❤
こんな身体でごめんなさい。


…こんな感じで。


ありがとうとごめんなさいをセットで思ってしまって。



あまり自由にはならない身体で

みんなから
たくさん貰っている幸せと愛情の

恩返しというか…


恩返しをする事が

生きている意味みたいになってしまっているのかな……?



そして
私のせいで不自由な生活をさせてしまっていたり。



どこかで

ずっと申し訳ない…って気持ちばかりで。




感謝の気持ちが

ありがとうではなくて

ごめんなさい。になってしまっていて。




そんな気持ちじゃ

せっかく
元気や愛情や幸せを与えてもらっているのに

ダメだなぁって。




生きていられる時間は

どれくらいなのか??

何度も思ってしまっていたけれど。



せっかく生きていられているのだから


もしかしたら
お婆ちゃんになるまで
生きられるかも??しれないし。



幸せを

もっと表現していたい。



もっと笑顔でいたい。




心の底から

みんなに安心してもらえるような

そんな笑顔が自然に出るようになりたいなぁ。





ありがとう…を感謝の言葉にして。



今日で
ごめんなさい。は
悪いことして
謝る時だけにしよう。


病気はつらいけれど

それ以上に
そばにいる家族や周りの方々は
もっとツラい気持ちになる事があるはず。


だから
私は
心からの笑顔が自然に出る人でいよう。


きっと
それが一番感謝の気持ちが伝わるはずだから。








ちょっと前に
自宅に飾っていたお花。





これは
前沢「紫色で1,000円分」


…って言って購入してきたそうです(笑)






いつも
ありがとうございます。


最近…

ちょっと弱気が顔を出して💦


ダメですねーー!!(笑)



元々が
気が強くて
自分の足で立って暮らしたいタイプで。

人に頼るのが苦手なんです。


今のように
周りに支えて頂かないと生活出来ないことが
時折
とんでもなく申し訳なくなってしまって。


甘えるのが下手すぎて💦


出来たら
私が周りを甘やかしたい人だったり(笑)



ストウブの写真でも見て
ニヤけて元気出しておきます(笑)





ストウブ ココットdeGOHAN Mサイズ
とダッフィーと

なんでしたっけ??
このネコ(笑)



テラスに飾られた

ストウブ Wa-NABE24㎝
チェリーレッド

前にチヒロが撮影した

旅するSTAUBの写真(笑)


あちらのブログにも
昔アップしましたが
この写真好きなんですよね(笑)


下らなすぎて(笑)



いつも
ご心配ばかりおかけして
申し訳ありません。

大丈夫です!!

気持ちは元気です好



コメントありがとうございます。

それから
メッセージを頂いている方も
本当にありがとうございます。

これからも
よろしくお願いいたします。







私は恩返しで人生が変わりました

前回はこちら。

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。