FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩返し 夏ぼったい人びとに。

大学に入ってから恩返しデビューした奴ほどウザい奴はいない

こちらは、勝手な妄想です。

腹ごしらえが終わり、いよいよです。




手を引かれて、ベ ッドルームに連れて行かれる。

「あっ、あの、シ ャワーを浴びないと。」

「そんなの、後でいいよ。」

ささっと脱 いだお坊っちゃまに脱 がされて、ベッドの上に一緒にのせられる。

お坊っちゃまに押し倒 される。

「あん。」

変な声が出て、恥ずかしい。




俺の頭を撫でながら、近づいてくるのは、お坊っちゃまの厚みのあるふっくらした 唇。

目を閉じて、お坊っちゃまを感じる。

俺の口の中を、動き回る。

思わず流されそうになるが、何とか持ちこたえて、お坊っちゃまの体を押し返す。

「ちょっと待って。

俺は、あんた、じゃなくて、君の事を何も知らない。

こういうのって、相手の事を知って、好きになってからするんじゃないの?」

お坊っちゃまが、不思議そうな顔をする。

「そうなの?」

そうだろ。

俺の 俺を 触 る手をどけろ。

反 応して、大きくなっちゃっただろ。




お坊っちゃまが、俺の右側に寝転ぶ。

「今日は、ひとりにしてごめんね。

俺の事、聞いた?」

急に優しくなった。

「嵐山財閥の人達は、本当の親子や、兄弟じゃない。

占いで集められた。って。」

上を向いたまま答える。

「そうなんだ。

俺、身寄りが無くて、ひとりぼっちだった。

だから、小さい頃に決めたんだ。

ちゃんと勉強して、大学を出る。

大きな会社の社長になる。

素敵な恋人を見つける。」

えっ?生まれつきのお坊っちゃまじゃないんだ。

「奨学金をもらって、何とか大学を卒業して、就職したのが、嵐山財閥の会社だった。

占いで決まったからって、この家に連れて来られて、経営についても、勉強させてもらったんだ。

その恩返しもあるから、苦労してる人を雇うのも、俺の仕事なんだ。」

お坊っちゃまの体の左側にくっついてる、俺の右側が熱い。

「俺は、親の愛を知らないけど、社員は、俺の子どもみたいな存在なんだ。」

起き上がって、お坊っちゃまを見ると、俺を見て、嬉しそうに微笑んだ。

「俺、理想の恋人を探してたんだけど、社長になった途端に寄って来た女の子は、信用出来なくて。

貧乏だった頃は、誰も近づいて来なかったし。」

「だからって、なんで男の俺なの?」

お坊っちゃまが、目を閉じた。

「いつか、きっと、見つかると思ってた。

優しくて、綺麗で、色っぽくて、俺を見てくれる人。

一目惚れだよ。」

「翔。」




整った顔に近づいて、唇 を塞 ぐ。

ゆっくり、味 わうように。

そのまま、下の方に手を伸ばすと、立派になった物があった。

そっと握 って、上下に動かすと、翔の 吐 息 が聞こえる。

「あぁっ。」

ビク ビク と動く翔。

ぬれてしまった手で、自分に触る。

同じように動かすと、すぐに翔の腹の上に 出てしまう。

唇 を離すと、翔がにっこりとして、寝息をたて始めた。





この星に、たしかな未来を。Dramatic Technologies 恩返し


こんにちはー♫

いつもありがとうございます(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ 




5月から始まったアリーナツアー
いよいよ今日宮城でラストですね

怪我なく最後の公演が無事終了する事
願ってます


今回のツアー私名義は全滅…
娘と娘のお友達が当選したので私も
行ける事に
そしてヲ友達が毎回声掛けてくれるお陰で
横浜アリーナ2日間参戦出来ました


何か恩返しができないものかと思ってた
ところに宮城の当落
やっぱりチケットで返したい!
が・・・私名義は撃沈

でもまたまた娘が頑張って
くれて今日娘と大好きなヲ友達と
参戦できる事になりました

娘よ本当にありがとう

そしてお友達からの楽しんで来てね♡の
言葉、本当にありがと〜(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ 



最後の公演
大好きな太ちゃん、キスマイちゃん達と
思いっきり弾けて、叫んで
たくさんのありがとうを伝えて来ます♡


そしてたくさんの幸せとパワーを
貰って来ます!



無事入場しました♡

行って来まーす♪




今日も読んで頂き

ありがとうございました

恩返し 「遊び」をクリエイトする

日本のみなさま、おはようございます。

 

日本はお盆休みですね^^

どうお過ごしでしょうか。

 

 

 

今日は、わたし的には

目からウロコが落ちたことを。

 

 

 

 

 

バケーションから戻り

NYではしばらくホテル暮らし。

カーネギーヒルのホテル暮らしは

まだヨーロッパにいるようでした。

個人的にマンハッタンで一番好きな

カーネギーヒル(アッパーイーストの上)のお写真続きはへどうぞ。

 

 

 

ハーバード・ビジネススクールといえば

会社をスタートアップしたり

経営者マインドを学ぶには

世界最高峰といわれているビジネススクールです。

 

 

先日そのビジネススクールを経て

アメリカで起業し

フォーブス紙などにも取り上げられて

がんばっている会社の

女性経営者のお話を聞いてきました。

彼女の会社には現在40人ほどが働いています。

 

が、まだ利益は出ておらず

設備投資の段階で

(人をたくさん雇って事業をするには最初に先立つものもはんぱない、アマゾンだってつい最近やっと利益が出るようになった)

彼女の一番の仕事は

資金集め=投資家集めです。

 

その彼女にこんな質問が出ました。

 

「ハーバード・ビジネススクールで学んだことで一番役に立っていることはなんですか」

 

彼女はこう答えました。

 

「ビジネススクールに行って学んだことで

実際に今、役に立っていることは特にないです」

 

つまり、起業はビジネススクールに行かなくてもできるということなのですね。

 

「はい、ただ、ひとつ。。。あえて言うなら」

 

「ハーバード人脈を辿って投資家集めがしやすいこと」

 

彼女はこうもいいました。

 

100本連絡をとって

1本、反応があれば御の字。

 

いちいち凹まず連絡をとり続ける。

それがわたしの仕事です。

 

 

やっぱりそういうことなんだなぁ。

既読スルーはされて当たり前ぐらいの覚悟がないと。

 

クリップ

 

 

ただ、

ハーバード・ビジネススクールの卒業生に

自分も何年に卒業したというと

俄然、仕事内容に興味をもってもらえる。

 

どこの海のものとも山のものとも

わからない相手ではないため

とりあえず、仕事内容に

安心感を持ってもらえる。

 

で、話しぐらいは聞いてみようか、となる。

 

やっぱり、

世界のビジネスの中心

ニューヨークでも

コネがものをいう世界なんですね。

 

 

 

実はこれは奇しくも、NY私立校卒業生の富みと幸せをつむぐ「習慣」のひとつと同じです。

 

コネを上手につなげられること。

 

クリップ

 

 

 

立ってるものなら親でも使う

 

使えるコネなら遠慮なく使う

 

コネがないなら作ってしまう

 

クリップ

 

 

と、書きつつ。

わたしは決して

コネをうまく利用するのが

上手だったわけではありません。

 

コネは自分で作ったりしましたが

それをうまくつなげるとなると

下手だったと思います。。。

 

 

 

 

ここで娘の話しで恐縮ですが。

ご興味のおありの方だけどうぞ。

 

インターンにオンラインで応募し

28社に既読スルーされて凹み

ないコネ作りに奔走して

やっとこの夏のインターンを確保しました。

 

初めての有給インターン

 

苦労の後に決まったので

希望地NYではありませんでしたが

感謝、感謝の気持ちで臨み

その10週間を終えました。

 

 

既読スルー攻めに泣き

知らない大人に会うことにひるみ

それでも背水の陣で臨んだ面接でやっと!

こぎつけたインターンだったのです。

 

やってみたら、

興味があった分野で

内容的には面白く

とても収穫の多い

10週間になったそうです。

 

これで来年したいことも

また就職につなげたいことも

すべてクリアに見えて来たそうです。

 

 

ある政治家のオフィスで

同時期にインターンをしていた

ルームメイトのおかげで

朝は早朝からソールサイクルに行き

汗を流して 会社へは

Viaで一番乗りの毎日

(Via=Uberの乗り合いサービスみたいなもの)

 

 

30分前に行くと

時給の半分をいただけるそうで

そのため毎日30分前に行ったそうです。

 

 

大学で取り組むプロジェクトや宿題と違い

遅くまで図書館にこもる必要もありません。

 

多少の残業も楽しくこなせ

何よりも上司も社内も

娘が得意とする女性中心でした。

 

(普通は同性の多い職場は難しいですよね? 笑

女子校出身者の強みはこれですね)

 

 

そんなわけで

最終日にはオフィスのみんなに

サプライズのランチに招かれ

たくさんのお褒めの言葉をちょうだいしたそうです。

 

ワシントン支社長からも直々に夫にメールがきて

 

「最初から最後までプロフェッショナル

いつもすぐに

仕事にとりかかる準備万端で

エレガントで、

仕事の詳細にいたるまで注意を払い

最後のプレゼンテーションも

すばらしい出来だった」

 

「こんないいお嬢さんを育てたご両親は彼女を誇りに思っていい」

とまで。 涙

 

 

家では、

パスポートがない、

カギが見つからない、

どうしよう〜! と大騒ぎ

部屋は散らかっている、

メイクしたまま寝てしまう

そんな姿しか見てないので

一体だれのことかと

目を疑いました。

 

 

苦労の後だったので

本人はもちろんでしょうが

わたしたちにとっても

本当にうれしい結果となりました。

 

 

来年のインターン面接やコネ作りで

また苦労するのでしょうが、

今年の経験で、既読スルーにも

簡単にはへこたれない

自信がついたことでしょう。

 

 

ところで、コネをうまくつなげられるとは。。。

ただ、コネを利用するだけではなく

 

力になってくれた人の期待を裏切らない結果を出すことを意味します。

 

そのための努力を怠らない

 

そしてこれが一番大切だと思います。

 

恩を忘れずきちんとお返しができ

 

未来へのご縁につなげられる

 

 

ブログコミュニティで

 

何かをしてもらっても本人にお返しをする必要はない

 

ということを読んだことがあります。

 

が、これはわたしの日本とニューヨークベースでの経験では違うと思います。

 

いただいたものは

物でも目には見えないご縁でも

感謝をくどいくらいにしっかり伝え

きちんと期待に応え

何らかのお返しをする

 

そうすることで、未来へのいいご縁につなげられる。

 

 

 

さて、夫からの最後の命令助言はこれでした。

 

お世話になったオフィスの人たちに

Thank you カードを手渡すこと

 

立つ取り後を濁さず

 

8人にカードをわたしたら

全員がとても喜んでくれ

「何か推薦文などが必要ならいつでも言ってね」

と、次のコネに繋がることを約束してくださったそうです。

 

 

恩返しはあとで何かの形でするとして

まずはお礼状。

 

 

しかも、メールでなく、LINEでなく

きちんとカードに書く。

 

これ、ニューヨークでも常識です。

 

 

お礼状をさりげなく書けるって

素敵ですよね。

 

 

 

みなさんはお中元のお礼状は

きちんとすまされました? 笑

 

 

 

わたしももっともっと

カードを送る機会を

ちゃんと作ろうと思いました。

 

 


さて、 

自宅改装の工事が長引きそうで

ホテル暮らしを切り上げて

ただ今週末の家に。

 

 

やっとゆっくり自分のベッドで眠れ

疲れがどっと出たようで

12時間爆睡してしまいました。

 

が、これで元気になりました。

 

 

 

 

みなさまがご家族のみなさまと

リラックスしたお時間を過ごせますように。

 

 

尚、ホテルのあるカーネギーヒルは

マンハッタンでは個人的に一番好きなエリアです。

 

たくさんお写真載せてます。

ぜひをチェックしてみてください。

 

 

 

 

ー からのお知らせー

 

【新製品含め20%OFFクーポンセール開催中】

コードは「love-rish」

17日深夜まで

 

(プリント)

 (ホワイト)

(選抜アクセサリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、いつも「いいね」ありがとうございます。

またコメントもうれしく拝見しています。

本当に本当に更新のはげみになっています。

ただ、決まった時間に更新ができなくて申し訳ありません。

わたしに知らせる形で読者登録をしてくださると更新状況がメールで自動送信されます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)でご紹介しています。    
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^  

  

の新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください          
    ⬅Click♡          
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!       

       

ニュースレター          
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。          
登録はからどうぞ          
         
ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇        

        

 

 
[広告] 楽天市場
  • 2005年発表会CD(5)ミュージカル「三匹の子ブタ」「鶴の恩返し」【1000円以上送料無料】
  • 2005年発表会CD(5)ミュージカル「三匹の子ブタ」「鶴の恩返し」【2500円以上送料無料】
  • 2005年発表会CD(5)ミュージカル「三匹の子ブタ」「鶴の恩返し」
  • [CD] (オムニバス) 2005年発表会5:ミュージカル 三匹の子ブタ/ミュージカル 鶴の恩返し
  • 2005年発表会5: : ミュージカル「三匹の子ブタ」 / ミュージカル「鶴の恩返し」 【CD】
  • 2005年発表会CD(5)ミュージカル「三匹の子ブタ」「鶴の恩返し」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。